地元ネタです

 開発者が住む岩手県二戸市(にのへし)で、全国的に名の知られていた施設で、金田一温泉にある「緑風荘」という旅館がありました。・・・した・・と過去形なのは、2009年に全焼してしまったからなのです。
そう、今回は地元ネタですぜ。
←確かにこんな建物でしたね
開発者の自宅から、自動車で10分かからない所に、金田一温泉があります。時々同地区の温泉施設には行くのですが、何たって近すぎて旅館ご宿泊経験はないのです。
この緑風荘は「座敷わらし」が出る部屋があるということで、その部屋はウワサでは1年前から予約が必要と聞いていました。

火災にあってから数年たったのですが、昨日あたりの新聞記事で「緑風荘再建へ」という記事を発見しました。うーーーん、そうですか!
詳しい造形は分かりませんが、南部曲がり屋風にするそうです。ちなみにこの部分で無理にオリンピックエンブレムの話題にはいきません。悪しからず。
ご興味がおありの方は個別にチェックしていただきたいのですが、いわゆる「座敷わらし」は不吉な亡霊の類ではなく、見た人に幸運をもたらすという精霊といった感じの存在だそうです。
←この部屋です!でもこの子はきっと実在の人物・・って当たり前です。
10年以上前でしたが、開発者がある方と昼食をともにしたときに、その方が「面白いものをお見せします」といって、左の画像と同じ部屋の写真を見せてくれました。
今でも鮮明に覚えているのですが、その部屋の写真の右半分に不思議な煙のようなものと、形がゆがんだおもちゃのような物体が複数ありました。正直チョットばかりゾーッといたしました。

この緑風荘再建がなったら、勇んでこの部屋を予約する・・・なんてことはイタシマセン。だって開発者はかなりのビビリ体質なんです。
遠くからそっと皆様の幸せをお祈り申し上げるだけです。ハイ。

余談:京都のお寺にある有名な幽霊の画があるということで、軽いノリで訪問した事がありました。「ケッ!しょせん古い画でしょ」と思っていたら、お寺の廊下の角を曲がった場所に、その絵がありまして、見たときに恐怖で体が凍りつくような経験をしました。
子どもの頃から遊園地の「お化け屋敷」も、積極的には入りませんでしたが、大人になってもダメなものはダメでした。
ホントにビビリなので、良い子は開発者を脅かすのはよしましょう。




Mission Impossible?

 以前から繰り返しお伝えしている言葉で「ベンチャー(新製品)は常にうさんくさい!」という、言わば自虐ネタ的なものがあります。
このブログを一定期間お読みいただいていれば、何だか覚えがおありだと思います。
この言葉は開発者の知り合いで、東北大学で経営戦略やベンチャー企業研究を専門にしている有名な教授から、コンテストで優勝した時に「励ましの言葉」として受けたものです。

確かに数年前は「どーなっちゃうんだろうなあ」という、途方にくれる感じの時期が何回もありました。
どこかでプレゼンしても「ふーん、良さそうだけど何処で使っているの?
「まだです
「どこか決まったら教えてね」という、永遠の悪循環か!というのがふつーでした。

そんな事が続くと、こりゃあMisson Impossibleなのか!と、思ったこともアマタござりました。
←現在公開中であります
それがアリガタイ事に、この1年くらいは全国に名だたる企業からお声がかかったり、開発中の製品の説明を「実際的な提案」として、採用の可能性を示唆してもらえるレベルの出来事が、いくつも発生しているのです。

まだまだ「多数採用済み」とは言えないかもしれませんが、展示会などで事例を並べたら、ご覧いただいた方にオッと、立ち止まっていただけるかな、ふふと思っています。
来る10月には名古屋で開催される「全国産業安全衛生大会」に併設される展示会に参加します。
ここでは文字通り、全国から企業の安全衛生担当者が集うとの事なので、ピンポイントで「ほっと安心帽」に興味を持っていただけそうだワイと期待しています。
恥ずかしながら開発者は、この展示会の存在を知りませんでした。2月に参加した横浜での展示会で、声をかけられて「ヨッシャ!急遽参加するべ」となったのです。そしてちょうどいい具合に「何処で使ってるの」を提示できる準備が出来つつあります。

目指せMisson Possible

それにしてもギリギリまでどうなる!というドキドキは映画のようで体に悪いです。
現時点は希望が不安と同棲状態なんですよ


どちらも頑張って!

 8月19日午前11時です。
甲子園は準決勝の第一試合が始まったところです。

昨年選抜の都立小山台(こやまだい)高校ほど強い応援の気持ちではないですが、東京代表が2校とも勝ち残っていて、偶然どちらも昔知り合いがいたので、可能なら東京同士の決勝を願っています。
←行ったことありませぬ
東東京の関東一高は、小学校の同級生が通っていたし、早稲田実業は高校の同級生の兄弟が、当事野球部のピッチャーでした。
当事はどちらも甲子園へいくほどの強さではありませんでしたが、そこそこは強かったのではないでしょうか。

もう長く岩手県在住の開発者ですが、やはり生まれ育ちは東京なので、こういった状況になれば、ほんの少しのかかわりでも応援してしまいます。


これから学童帽の修理があるので、作業をしながらテレビ中継を見ます。
さてさて、どうなりますやら
以上、ミニミニ投稿でした。


暑さに弱いので

ふだん北国に住む開発者は暑さが苦手です。
このあたりはオホーツクから来る「やませ」と呼ばれる寒たい気団の影響を受ける事があって、30℃を越す日は・・・うーん・・・通常は2週間くらいなんでしょうか。いつぞやの冷夏の年には、稲の作況指数が100分の4でしたから!たったの4ですよ!
不謹慎な例えですが、昔なら村々から娘を売りに出す・・なんてレベルなのでしょうね。

今年は5月末からぽつぽつと暑い日があり、6月は涼しかったのですが、7月になってガッツリ来たー!という感じです。さらに家庭の事情で日本でもっとも暑い地域である、埼玉北部に滞在するという状況もあってか明らかに夏バテであります。
←気分はコレです
大半の方は開発者より暑いところにお暮らしなので、甘えるんじゃねえぜ!とお叱りを頂戴しそうです。
言い訳ですがエアコン無し、扇風機のみで勝負していますが、まあこのあたりでは凄く特殊な環境ということもないようです。
年々暑さに弱くなっているような気がしないでもありませんが、どこかのテレビ番組で「年をとると暑さを認識する能力が落ちてしまい、対応が遅れて結果的に熱中症になりやすい」という内容をやっていたと聞きました。
個人的な夏バテの感覚は、顔の辺りがぼーーーーっとするのですけど、コレは果たして寄る年波のせいか、暑い暑いと感じられるのはいくらか若いのか・・。
そんな事を考えていると、うーーーん・・・今夜も眠れません

Majiな話ですが、寝るときはベッドの近くの窓を30cmくらい開けておけば「暑くて眠れんワイ」という晩はほぼゼロです。
やっぱり贅沢ですよね。
プチ反省して仕事します



ミーハーの余禄

2週間くらい前に下田イオンのシネコンで、この映画を見ました。(八戸市の北にある古いイオン)
鈴木あんじゅと厨子王・・・・チャウチャウ、宇梶剛士が主演の「八戸御当地映画」でありました。
内容はハッキリ言ってしまえば、うーん、どうでしょう・・・という感じでして、最初からあまり期待していなくて「ちょうどね」というレベルでした。

それでも見に行ったのは、昨年我が家の主人(いつもくどいですが、世間的には奥さんと呼ばれている方)の姉上様も含めて、八戸観光で「うみねこ」で有名な蕪島へ行った時に偶然この映画のロケに遭遇した事が理由です。
撮影待ちなのか、宇梶氏が1人静かにたたずんでいました。
観察力不足の開発者は「何だか変な一団がおるわい」と思いつつ通り過ぎましたが、女性軍は目ざとく俳優さんを発見済みだったのです。手まねきされた開発者も、遠目に宇梶氏を確認しました。映像のイメージよりスリムで、さすがにイイ男でした。

映画を見た数日後に必要があって八戸へ参りましたときに、主たるロケ地と思われるあたりの探索をいたしました。
主人公たちが住んでいる設定の地域を映像から推測して、普段はあまり踏み込まない地域へ行きました。だいぶうろうろしましたが、ミーハー魂全開で目的完遂しました。
←鈴木杏樹が住んでいる設定の家屋
  隣接する小さい神社の社務所でした
他に魚市場のかまぼこ屋根が見える高台の公園や、地元酒造会社などにも行きました。
        ちなみに蕪島はこれです→
映画なので上手に八戸市内の雰囲気ある場所がフィーチャーされていましたので、それらの場所を後追いする事で、これまで知らなかった八戸を知る事ができました。

これってミーハーの余禄とでも言うべきですか?
「別に」と思っていた映画から、結果的に意外に楽しめましたのですう



時事ネタを少々

 我が家の主人宛(毎度説明しますが、世間的には妻と呼ぶ事が多い)に、近頃うわさの年金のお役所から「大切なお知らせ」がやってきました。
←こんなヤツが来るのです
全国で102万人余が犠牲になった、情報漏洩の当選のお知らせでした。
まあ、まだ年金をもらうにはだいぶ間があるので、それほどビビる事も無いように思えますが、やけにあっさりした文書がたった1枚も入っておりましたよ。

開発者は知りませんでしたが、6月13日現在では岩手県は情報漏れゼロといっていたようですが、10日後あたりに実は該当者4755人じゃ!ということになっていたようです。
岩手県の人口は130万人程度なので、年金加入者は100万人くらいはいるのでしょう。するってえと当家主人は0.5%未満の当選という事になります。
ほとんどの方は、このありがたいお知らせの手紙を見ていないのでしょうから、まあジロジロこの画像をご覧ください。

マスメディアの情報によりますと、原因は何やら複数の職員様がメールに添付のファイルを開いちまって・・・という事でした。しかも外部(インターネット)と内部(イントラネット)の間のファイアウォール(遮断の仕組)が不十分とか・・・。初歩的過ぎます
こう見えても(どう見える?)開発者は数年前に、今は名称がなくなってしまった、中級レベルの情報技術者試験「情報セキュリティーアドミニストレーター」というのに、裏口合格した事がありますので、このようなことは裏口合格程度の知識はあるんです。でも今回の内容はどう考えても初級レベルですよね。
ご当家には直接被害がないとしても、これからの情報管理のあれこれはダイジョーブなのかと、世間のあれこれに関して、あれこれ心配してしまいます。
この手紙が来たときは心配が嵩じて、普段より余計に昼寝してしまいました

先日TOKYO MX-TVの朝の情報番組担当者さんから連絡がありまして、ほっと安心帽を紹介していただけるとのことでした。ありがたい話なのでお受けしましたが、どんな風に扱ってもらえるのかしら。後日田舎住まいの開発者には録画媒体を送ってくださるという、親切なサービスレベルですので楽しみに見てみましょう。東京周辺の地上波9チャンでしたよね。

ああ無情

 よんどころない理由がありまして、先週から今週にかけて1週間と少しばかり、埼玉県内を中心に滞在していたのですが、その間に某マクドナルドという店舗の朝メニューに大変悲しい事実を発見しました。
←これです
開発者が一方的に「朝メニューの雄」と認定していた、ホットドッグちゃんが消滅していたのでした。

ま、当然いろいろご意見はあるでしょうが、この商品はとても高いレベルで「古き良きアメリカ」を感じさせてくれる逸品であったと、開発者は声を大にして言いたいのです。
スチームをかけてふっくらと柔らかくセットしたパンに、肉の粒を必要以上に感じさせないウインナーソーセージを挟み、ケチャップとレリッシュの取り合わせが、すばらしいハーモニーを醸し出しておりましたよ
出張に出たときの朝の楽しみの一つだったのに・・・・・・・・・・
ああ無情とはこのことか
喪失感で一杯で、しばらく立ち直れそうもないので、どなたか「ホットドッグ復活運動」を国会前などで始めていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします

ちなみに今でも残っている100円メニューのソーセージマフィンは、その昔=30年位前=にメリケンで初めて食したときの「ワイルドアメリカ!」←なんて雑なお味なんでしょうという事でね・・・という感想もありますが、
実は、これはこれで時々食べます

以上、大庶民の嘆きでした


マイ プチブーム

 今年の春から開発者の読書シーンで「向田邦子」がちょっとキテます。
←例によってGDPに貢献しないお店で購入しています
向田邦子といえば、テレビドラマの脚本でおなじみの作家ですよね。80年代半ばに飛行機事故で亡くなってしまいましたが、十分以上の印象を残す作品が一杯です。
テレビの歴史に残りそうなものでは「寺内貫太郎一家」があたりが、開発者の思う筆頭でしょうか。
今も活躍している樹木希林が20歳代で、おばあちゃん役を演じ、当事人気絶頂のジュリーこと沢田研二の大きなポスターに向って叫ぶシーンがありましたね。

今年3月頃から週1回行っていた歯医者さんでの待ち時間に、画像左下の「冬の運動会」を読み始めたのが、今回のプチブームのきっかけでした。
最初のページに役者一覧があり、読んでいる間は常にこの役者さんの声や演技が見えるような臨場感でした。
この1年では最高に印象的な作品です。
現在は画像左上の短編集「男どき女どき」を読んでます。これも勝手に登場人物がテレビ画面に浮かんでいるような気になります。
まだ3つの話を読んだだけですが、共通の流れとして、主人公たちの「思い過ごし」が彼らの心の葛藤を引き起こして、予定調和を乱すような展開になるというものがあります。結構先回りして勝手に悩んじゃう傾向があると自己分析する開発者には、どの物語もちょっとばかり胸にグッと来るのです。
自律的であれ他律的であれ何かしら行動を起こせば、100%ミスの無い展開とはいきませんが、勤勉な努力が大切と再認識しています。

以前、ブログ記事にした気がしますが、東京港区の愛宕山にあるNHK放送博物館に、向田邦子の生原稿が展示してあったことを思い出しました。
追記:ネットでこの施設のホームページを見たら、今年の年末まで休館中でした。あらま


これって京都品質?

 先月は数年ぶりに関西へ降り立ちました。
←京都駅コンコース!本当に立派です!
何の用で?って尋ねませんよね。
モチの論、お仕事でガス。
特に今回はどこも初訪問のところばかりでしたので、開発者のくせに、それなりに緊張を持って行く・・はずだったのですが、前夜に都内での悪行三昧がたたって「二日酔いだあ、気持ちワリー」と言う状態で東海道新幹線のぞみ自由席の人となりました。

最初は向日町というJR東海道線で京都から大阪方面にある駅で下車し、目的地である生協向け最大手商社へ向いました。そちらで合計4名の方と合計3時間くらいお話をして、次の予定がハラハラレベルになったので、タクシーを呼んでJRでなく阪急線の最寄駅まで移動しました。
その後は西京極という駅で降りて、ほっと安心帽のお話を大手電機会社の本社ですすめました。

夜7時過ぎになってホテルに着き携帯を見ると、あれれ!075で始まる知らない番号の着信が3回ありました。コールバックしてみると「ハイ、◎◎タクシーです」 ←二重丸には意味あり と答えたので、電話があった件を伝えると「忘れ物をしていませんか」と尋ねられました。何でこちらの番号が分かったのかしらと思っていたら、タクシーを呼んだ際の番号が残っていたのでした。結局薬局忘れ物疑惑は疑惑だけだと判明し、電話のやり取りは終了しました。改めて着信時間を見ると、阪急電車に乗った10分後が最初でした。
こんなやり取りは初めての経験でした。東京など他の都市では無いよ!と断言する勇気はありませんけど、ずぶん以外の知り合いの話も含めて、こんなに迅速・正確・親切な対応は知りません。
もちろん条件が揃っていたのでしょうが、これがうわさに聞く「タクシーの京都品質」 二重丸はここへ繋がる かもねと感じ入りました。以前から京都ではタクシーの接客は有名ですよね。接客時だけでなく、フォローも上質なのでした。まさに◎です

翌日は京阪電車で初めて門真市という所へ行きました。ここには大手ペット専門商社があり、時間が無くて駅からも離れていたので、またまたタクシーを使いました。その時に運転手さんに「これから行く先は始めての商談です」と伝えたら、降り際に「営業がんばってください」と結構大きな声で励まされてしまい、かなりビックリしました。
開発者も大きな声で「がんばります」と応えました。
京都だけでなく、大阪のタクシー運転手さんもフレンドリーで ”いい感じ” でした。
ちなみにそこで乗ったタクシーはこんな車体でしたよ・・・・・ってうそうそ
←うそつき開発者の妄想です

ところでこれら3件とも話は上手く進展しました。
光る犬のバンダナ「ピカットワン」も、おなじみ「ほっと安心帽」も、近いうちにそれぞれ成果がハッキリするはずです。
これから安心して製造に励みます。

あまちゃんロケ地にて

 またまた間を空けてすみません!
実は1週間以上前に、この原稿を書いておいたのですが、仕上げる予定時刻の直前に、友人からの電話が長引いてしまい、時間切れで保留のまま関西方面まで「長いわらじ」を履くことになってしまったのです。
ブログのネタは結構あるので、これからがんばります

では、タイトルのお話です。

NHKでは決してゴールデンウイークと言わないゴールデンウイークの連休が明けた頃に、開発者は久しぶりに「あまちゃん」ロケ地がある、岩手県久慈市へ行く用事がありました。
予想より早めに用件が終了したので、「あまちゃん」ロケ地へ行ってみようと思いたちました。
この4月からBSで再放送が始まった事もあり、地元ではなかなかに盛り上がっておると、新聞やテレビのローカルニュースで見ていたため、現地はどうなっとるベーという野次馬根性もありました。

仕事のついでなので、当然平日の昼間でしたが、現地にはそこそこ観光客が来ていましたね。
←小雨模様の日でした
2年ぶりに訪れた「袖が浜」こと小袖海岸には、津波で流された海女センターが3階建てのカワユイ小ビルとして再建されていました。
この写真はその屋上からのものです。
海女センターの1階は売店で2階は展示室でした。
3階へ上がっていくと「じぇじぇ!」ドラマで見たような小さい海女カフェ電飾を壁面に発見しました。
ただし驚きは電飾だけで、内容は至ってローカル色満載のお食事処でございました。
開発者はその海女カフェにて、まめぶ汁を頂戴しました。
他の観光客は「まめぶって言うから、豆が入っているのかと思っていた」という、想定問答集の1番目あたりの質問をしていました。

人がいなければ写真にある堤防の上を、ドラマの主題歌をチャラスカパラパラと口ずさみつつ、先端の白い灯台へ向けてダッシュしたいと思った開発者でした。

一番上に記した関西ネタなどもありますので、これからがんばってブログ書きますね。


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

  • がっちりマンデーで紹介
    開発者
  • がっちりマンデーで紹介
    わたなべ
  • 2月に展示会参加します
    開発者
  • 2月に展示会参加します
    渡部
  • 謎は解けたよワトソン君・・なのですが
    開発者
  • 謎は解けたよワトソン君・・なのですが
    yama
  • NHKで放送されました
    開発者=戸泉
  • NHKで放送されました
    山口みよ子

ブログ内検索

その他

携帯サイト

qrcode

Copyright© 2011 Lead Co.,Ltd. All Rights Reserved.