「900円10時」のお話

開発者は小学校6年生の時に、区内の小学校から招集されて、土曜日ごとに実験的な科学の授業を受けていました。このことはだいぶ前に記事にした記憶がありますが、その最終段階でトランジスタラジオラジオを組み立てました。1年間続いた、この特別授業が文系のはずの開発者における「科学の目覚め」となりました。自分で作ったという愛着とともに、このラジオで深夜放送などを楽しみましたよ。

 

そのころラジオで強く印象に残った人が永六輔さんでした。

近年はだいぶ具合が悪そうだねと思っていましたが、先月亡くなってしまいました。

←調べていませんがラジオ番組の題名でしょう

舌が長いのか短いのか、いまひとつハッキリしない滑舌が特徴?でした。

尺貫法復活や昭和天皇に着物着物を着せようなど、独特の主張をしていましたが、どれも日本の文化を尊重した、興味深いものだったと思っています。

 

まだ80年代のことですが、開発者はN響定期会員♪でして、金曜夜のBプロに毎月NHKホールへ通っていました。ある時、演奏会が終わって渋谷駅に向かう坂を下りていると、今はなくなったジャンジャンという小ホールの入り口に人だかりを発見しました。そこには「六輔七転八倒900円10時」の看板がありました。それは永六輔さんのトークショーでした。

係りの人が「まだ席はあります」と言っていたので、すかさずチケットを購入しました。

会場で待っていると、突然「開演5分前です」と、本人がステージに出てきました。

ちょっと驚いている会場を見渡して「せっかくなんで始めます」となりました。

内容はハガキはがきを使った、模擬ディスクジョッキーのような形式で、十分楽しいものでした。

11時頃に終演になると、なんと彼はステージから降りずに「全員をお見送りします」と、手を振って観客を見送りました。

単純な開発者は、永六輔ってなんていい人なんだハートと感激しました。

ホントいい人でしたね。

 

そういえば高校生の時に、夏休みの感想文の宿題で永六輔さんの本を取り上げたら、国語の先生に叱られぐすんぐすんました。

←価値あると思ったんですけどね

この先生は週1回は小林秀雄の文庫本1冊で、年間通した授業をするkyuような方でしたから、不真面目な生徒だわいと思われたかもしれません。純文学にすべきでした・・・きっと。

 

お仕事のご報告ですが、幼児向け帽子は、製造における関係各所からの返事待ちという、いわば最終段階ですが、販売を考えると時間との戦いでもあるので、やはり焦っています。同時に想定外の返事を恐れています。

通常の製品は、正直なところあまり力を入れていなかったのですが、引き合いが意外レベル!に来ておりまして、あれこれ頑張っています。

もう少しもう少しという感じですが、苦しいといえば苦しいところでもあります。クッキーモンスター
 

 

 

 


 

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

  • がっちりマンデーで紹介
    開発者
  • がっちりマンデーで紹介
    わたなべ
  • 2月に展示会参加します
    開発者
  • 2月に展示会参加します
    渡部
  • 謎は解けたよワトソン君・・なのですが
    開発者
  • 謎は解けたよワトソン君・・なのですが
    yama
  • NHKで放送されました
    開発者=戸泉
  • NHKで放送されました
    山口みよ子

ブログ内検索

その他

携帯サイト

qrcode

Copyright© 2011 Lead Co.,Ltd. All Rights Reserved.