生まれ出る悩み

 大げさなタイトルになっていますが・・当然単なるシャレでありますよ。
要は、予告済みの新デバイスに関する特許文書作成が佳境に入っておりまして、形状や特徴、効果といったものを、どうやって過不足ない状態の文章にするかで、無い頭を絞っていますよ・・ということでした。
こんな感じで進めています→
特許文書等の原稿は出来るだけ開発者本人が書くようにしています。
知的財産権を扱う専門家に最初からお願いしてしまうと楽なのですが。その先のさらなる発想が出にくいような気がするのです。
自分自身で頭の中に構成したアイデアを、目で見えるように表現するという行為を通して、さらに理解を深めるべきだというのが開発者の考えなのです。
頻繁に起こる現象としては「こんなところに考えの穴があった!」なんて発見があります。凡人の凡人たるゆえんでしょうが、開発者にはきっと必要な道なのだと思っています。
場合によっては1行ごとに「アへーーー!」となっています。

でも、もうすぐです。
量産化への技術面の開発も進行していますので、きっともう少しでカタチが見えてきます。
それにしてもはあはあはあ←あえいでいる音です。



関連する記事
コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

  • がっちりマンデーで紹介
    開発者
  • がっちりマンデーで紹介
    わたなべ
  • 2月に展示会参加します
    開発者
  • 2月に展示会参加します
    渡部
  • 謎は解けたよワトソン君・・なのですが
    開発者
  • 謎は解けたよワトソン君・・なのですが
    yama
  • NHKで放送されました
    開発者=戸泉
  • NHKで放送されました
    山口みよ子

ブログ内検索

その他

携帯サイト

qrcode

Copyright© 2011 Lead Co.,Ltd. All Rights Reserved.